Makun考察

哲学や教養についての基礎的な物事と社会一般に応用できる実践的な物事に対する考察ブログ

歯医者は「学歴」と「所属学会」で選べ!偏差値38の歯学部も存在するという事実

どうもmakunです。

情報の非対称性という観点から最も効率的でない市場の1つとして挙げられるのは「医療サービス」ではないでしょうか。中でも歯科医に関していえば、「コンビニより多い」と揶揄されるほど日本にあふれています。当たり前ですが、歯科医は歯科治療技術、知識、熱意すべてがピンキリです。そこで、歯科医を如何にして選ぶべきかを伝えたいと思います。

 

NGな選び方

ステマサイト(Epark歯科)の評価を参考にする。

Betterな選び方

学歴で選ぶ

歯学部に関して言えば、上は東京医科歯科大学(偏差値68)下は鶴見大学(偏差値38)と、医学部に比べて大学への入学難易度に露骨な差があります。学歴で選ぶべき理由は、歯科治療への熱意と頭の良さが学歴に寄与しているからです。

「とりあえず歯医者になって金儲けがしたい」という人は水準の低い大学に入学する傾向があります。歯「医者」だからといって頭がいいんだなという漠然としたイメージが蔓延していますが、それは誤りで、Fランク歯学部も存在するのです。

所属学会、および資格で選ぶ

所属学会もいろんな学会があり、単に所属しているかどうかではなく、その学会の「認定医」「専門医」の資格をチェックしましょう。

 

「カタカナ語を使いたがる人」という了見の狭いレッテル

カタカナ語を使いたがる奴」というレッテル

コミュニケーション、アブストラクト、ファクト、ロジック、コンセンサスetc...(主に英語圏)から輸入された外来語をそのまま使うこと事に対して「カタカナ語を使いたがる人」というレッテルを貼り批判する人がいる。おまけに、短絡的な思考しかできない一部の人は「カタカナ語を使う=知性的に見せようとしている」と一般化して判断してしまっている人もいます。

しかし、カタカナ語を使う事は、必ずしも知性的に見せようとしているわけではありません、口語コミュニケーションにおいてカタカナ語の使用はメリットがあり、無条件に批判するべきではないのです。

というのは、日本語(漢語)を使うよりも、カタカナ語を使う方が「同音異義語の存在による誤解」を回避しやすいことです。

表意文字表音文字という言語的差異

外来語の単語がアルファベットを用いた表音文字である一方で、日本語(漢語)は表意文字です。また、表音文字表意文字は、文字に起こさない限り意味を取りにくいのです。したがって、表音文字で構成されたカタカナ語の方が、口語コミュニケーションにおいては優位なのです。

 

例えば、「使うとよく非難される言葉」として”コンセンサス”があります。コンセンサスとは日本語で言う「総意」を意味する言葉でありますが、「ソウイ」と口語で言われても、相違、創意、相違、相異など「ソウイ」の音に該当する日本語は無数にあるため誤解の余地(=解釈可能性の幅)があります。(もちろん文脈によって【ある程度は】どの語が該当するか推測可)

しかし、「コンセンサス」という表音が示す語句は英語のConsensus1つしかありません。したがって、解釈可能性はConsensus概念のコンセンサスに絞られ、口語コミュニケーションにおける誤解の回避や、誤解には至らないまでも、「ソウイ」の時の様にどの語に該当するのかについて脳を使うエネルギーの節約になります。

レッテル貼りはやめよう

カタカナ語を使う⇒コンプレックスの裏返しの様に決めつけてしまう人は了見が狭すぎます。自分の思いこみを一般化するのではなく、視野を広く持って考えましょう。また、「自分が分からない言葉」を使われたときに、プライドを守るために相手の言葉選びを非難する人がいますが、素直に聞きましょう。聞くは一時の恥、聞かぬは一時の恥です。

必ずしも、思考は言葉(記号)に制約されない

思考は必ずしも言葉(記号)に制約されない

私はそう主張したいわけです。

 

通常、人間の思考は言語によって行われていると考えられます。

ソシュール言語学でいう、シニフィアンシニフィエはセットで、そのハッピーセットが思考を形造っているという風にしばしば信じられています。

 

概念の入れ物としての思考が無くても、私は思考をすることができます。

概念を言葉を介さずに捉え、その概念を使って命題(判断内容)を創り、命題を使って演繹するという論理的思考ができます。これにはロゴス(言葉)がないので論理的(ロジカル)思考ということができます。

 

言葉無しに思考はできないと言い張っていた人がいたので記事にしました。

構造化と体系化の違い

構造化と体系化の違い

構造(Structure)とは、複数の要素の集まりです。

体系(System)とは、その名の通りシステムのことで、要素が複数集まり、且つ相互作用の結果として1つの機能的な全体を作り上げているものです。例として人間の身体があります。

 

概念としては、構造が体系を包含しています。

体系は構造ですが、構造は体系とは限りません。

 

また、体系はSystemの翻訳語ですが、Systemは系、組織などとも訳されます。なので基となる概念は一緒です。

 

結論、構造と体系の違いは、体系が構造+機能的な全体を作り上げていることです。

批判的思考と否定的思考の混同

要約:

批判的思考と否定的思考は違う

 

批判的思考(Critical Thinking)は肯定が前提。

「肯定が前提」とは、相手の発言の主張点(命題)が真であるためには、どのような前提が必要か?を考え照らし合わせる姿勢が前提にあるということ。もちろん、YesManであることではない。

 

否定的思考とは、相手の主張をどうやって否定しようか結論ありきで考える思考

結論ありきであるため、否定的思考の人は、相手の意見を曲解したり都合のいいように解釈したりと、視野が狭くなりやすく、頓珍漢な反駁・詰めの質問をしてしまう傾向にある。

 

相手の教養水準を高く期待しすぎて「難しい言葉」を使ってしまう人

こんにちはmakunです

言葉遣いについてです。

 

しばしば、頭の悪い人が「分かり易く説明してくれる人が頭のいい人だ」「難しい言葉を使う人は知的ぶってるだけ」と主張することがあります。

もちろん、本質的に「難しい」言葉というものはありません。「難しい」は相対語句で普遍的な概念ではありません。個人の尺度に基づいた結果「難しい(知らない)」と判断することがあるだけですね。

 

さて、「難しい言葉」を使ってしまう人はなぜ「難しい言葉」を使ってしまうのでしょうか?

僕の個人的な意見としては相手の教養水準に期待しすぎるからだと思います。

無意識に「このくらい当然分かるだろう」という判断が下されているために、期待された教養水準より低い教養水準の人からしたら「難しい」言葉が使われるのです。

 

必ずしも、「難しい言葉を使う人は知的ぶってるだけ」ではないのです。教養水準の低い人はレッテルを貼るのをやめて、分からなければ素直に言葉の意味を聞きましょう。

 

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

 

といいますが、経験上、日本人には「聞かぬは一生の恥」を実践に移している人が多いですね。アメリカの人は遠慮なくWhat does it mean?とすぐに聞いてきます。参考にしましょう。

就活の志望動機(企業選びの軸)って結局全て「資本蓄積」に集約されるよね

就活してて思ったこと

 

就活の志望動機(企業選びの軸)って結局全て「資本蓄積」のしやすさで説明つくよなーって思った(もちろん人によるところもあるが)

 

一応定義として、

資本蓄積:資本を蓄積することそのまま

資本:Capital。首(Cap)のように大事なこと

資本の3要素

経済資本:ようは金銭的な価値のあるもの

文化資本:スキル、教養、経験など

社会関係資本:コネ、つながり

 

将来何をやりたいにしても、上記3つの資本はそれぞれ必要だし、逆にそれ以外に動機にするものといったら資本蓄積を加速化されるモチベーションに関わるものかなあって

 

自分が楽しめる仕事、社会貢献(感による自己満足)ができる仕事

これらは資本蓄積という目的の基、就職というキャリアを歩む上で、資本蓄積の効率性に関係する「モチベーション」を高める要素でしかないから、これらも資本蓄積に集約されるのかなって

 

 

おもいまちた